ニュース

【レポート:鍋講座vol.27】初めてのドキュメンタリー映画 企画から劇場公開までを全解剖! ~『Behind “THE COVE”』八木 景子さんに聞く~

ゲスト 八木 景子(合同会社八木フィルム代表/独立映画鍋会員) 司 会 土屋 豊(映画監督『タリウム少女の毒殺日記』ほか、独立映画鍋共同代表) 開 催 2016年2月3日(木) 19時~@下北沢アレイホール 「ビハインド… 続きを読む »

【鍋講座Vol. 31】カンヌ国際映画祭報告会~映画「淵に立つ」受賞を受けて

outline_vol31_omote

独立映画鍋の共同代表でもある深田晃司監督による新作映画『淵に立つ』が第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞を受賞!深田監督は2006年に制作した『ざくろ屋敷』から、海外映画祭、特にフランスとの関わりが始まり、… 続きを読む »

イベント名称【鍋講座Vol. 31】カンヌ国際映画祭報告会~映画「淵に立つ」受賞を受けて
 日 時 2016年7月26日(火)19:00~21:00(18:30開場)
 会 場 ユーロライブ
渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F
 出 演 <ゲスト> 深田 晃司(映画監督・独立映画鍋共同代表)
<聞き手> 土屋 豊(映画監督・独立映画鍋共同代表)
<司 会> 伊達 浩太朗(映画プロデューサー・独立映画鍋事務局長)
<ビデオメッセージ> 矢田部 吉彦(東京国際映画祭プログラミングディレクター)
 料 金 一般 1,000 円 独立映画鍋会員は無料 ※事前予約不要
お問い合わせ特定非営利活動法人独立映画鍋 http://eiganabe.net  070-5664-8490(11:00~18:00) info@eiganabe.net

【レポート:鍋講座Vol. 29】観客を創る、育てる~製作・興行の外側から考える、これからの映画イベントの形とは?

ゲスト 柳下 修平(シネマズby松竹編集長/「映画ファンの集い」主催) 有坂 塁(移動映画館 キノ・イグルー/「あなたのために映画をえらびます。」企画・運営) 神原 健太朗(三鷹シネマ倶楽部/「映画遠足」企画・運営) 司… 続きを読む »

【鍋講座Vol. 30】世界のドキュメンタリー映画祭は今!ヨーロッパと生中継でトーク!

カンヌ映画祭マーケットが今年からドキュメンタリー専門スペースDOC CORNERを大きく拡充するなど、映画界でドキュメンタリー市場に注目が集っている。世界のドキュメンタリー観客数の増加と製作資本の多様化が進んでいる模様だ… 続きを読む »

イベント名称【鍋講座Vol. 30】世界のドキュメンタリー映画祭は今!ヨーロッパと生中継でトーク!
 日 時 2016年6月7日(火)19:00~21:00(18:30開場)
 会 場 下北沢アレイホール
東京都世田谷区北沢2-24-8下北沢アレイビル3F
 出 演 <デンマーク・ドイツより中継>
ニクラス・エングストローム(CPH:DOX プログラム責任者)
グリット・レムケ(DOK LEIPZIG 映画プログラム責任者)

<司会・進行> 植山英美(ARTicle代表、映画鍋会員)
<企画・通訳> 藤岡朝子(山形国際ドキュメンタリー映画祭理事)
 料 金 一般 800 円 独立映画鍋会員は無料 ※予約不要
お問い合わせ特定非営利活動法人独立映画鍋 http://eiganabe.net  070-5664-8490(11:00~18:00) info@eiganabe.net

【鍋講座Vol. 29】観客を創る、育てる 〜製作・興行の外側から考える、これからの映画イベントの形とは?

映画に対する、製作・配給・宣伝・興行という従来の枠組の外側から、観客を創造し、育てる活動をしている人たちがいる。 登壇者の3名は、利害を超えた場所から映画業界や映画ファンたちの事を想い、独自にイベントを企画・運営している… 続きを読む »

イベント名称【鍋講座Vol. 29】観客を創る、育てる 〜製作・興業の外側から考える、これからの映画イベントの形とは?
 日 時 2016年4月26日(火)19:00(18:30開場)
 会 場 下北沢アレイホール
世田谷区北沢2-24-8 下北沢アレイビル 3F        http://www.alleyhall.com/
 出 演 【ゲスト】
神原 健太朗(三鷹シネマクラブ/「映画遠足」企画・運営)
1972年、埼玉県川越市生まれ。東京工科大学工学部卒業。シネマ・メディエーター。2012年3月、17年間のITサラリーマン生活を終え、映画と何かを繋ぐ活動を開始。様々な映画祭やイベントに企画、運営、宣伝、映写他で関わり、映画ライター、フィルムコミッション、映画製作へも活動の場を広げている。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭プログラマー。三鷹コミュニティシネマ映画祭実行委員。こども映画教室事務局。ことばの映画館制作進行。

柳下 修平(シネマズby松竹編集長/「映画ファンの集い」主催)
映画メディア「シネマズby松竹」編集長 と個人ブログ「Cinema A La Carte」、2つのメディアを通して、映画の情報や魅力を日々発信。映画イベント「映画ファンの集い」と「映画の食事会」を主催して映画ファンが語り合える場も毎月提供をしている。洋画好きから入ったこじらせ映画ファン出身のため最近は邦画を必死に勉強中。

有坂 塁(移動映画館 キノ・イグルー/「あなたのために映画をえらびます。」企画・運営)
2003年に中学校の同級生・渡辺順也とともに移動映画館「キノ・イグルー」を設立。東京を拠点に全国各地のカフェ、雑貨屋、パン屋、無人島などで、世界各国の映画を上映している。
2014年には、東京国立博物館での野外上映会にて2日間で9000人以上を動員するなど、独自のスタイルで映画の楽しさを伝えている。
Web Siteでは、おすすめ動画を日替わりで毎朝10時に配信中!http://kinoiglu.com
インスタグラム「@kinoiglu」

【ファシリテーター】
山口 亮(映画鍋会員)
1993年、東放学園専門学校卒業。1995年に会を社設立し、IT関連の業務を行う。以降、ITやベンチャービジネスの分野で、様々な企業やプロジェクトの設立に関わる。この数年は映画ビジネスを模索しており、複数のシステム・サービスのリリースを予定している。自主上映のワークショップも準備中。
 料 金 一般 800 円 独立映画鍋会員は無料 ※予約不要
お問い合わせ特定非営利活動法人独立映画鍋 http://eiganabe.net  070-5664-8490(11:00~18:00) info@eiganabe.net

【鍋講座Vol. 28】独立系映画を映画館にかけるには1~映画館に聞く~

独立系の映画(自主映画)をつくる人たちは、作品を製作することに熱意を燃やすあまり、作品の上映などの出口戦略の比重が軽くな りがちです。独立映画鍋では、この状況を変えていくため、映画の製作以降の各段階( 配給・宣伝・上映な… 続きを読む »

イベント名称【鍋講座Vol. 28】独立系映画を映画館にかけるには1~映画館に聞く~
 日 時 2016年3月23日(水)19:00(18:30開場)
 会 場 下北沢アレイホール
 出 演 【ゲスト】沢村 敏(東京テアトル株式会社 映像事業部編成部)
1972年、東京生まれ。学生時代は自主映画に携わり、東京テアトルへ入社。テアトル新宿、テアトル池袋等で支配人業務を経て2003年より番組編成の職に就く。池袋時代には池袋駅周辺の劇場が連携した「池袋シネマ振興会」を立上げ、フリーペーパー「buku」を発行。劇場の垣根を越える映画振興活動を行う。編成業務としては、主に日本映画の専門館であるテアトル新宿と2011年より名画座のコンセプトでリニューアルしたキネカ大森などを担当。各種イベントを織り交ぜた興行を得意とする。新藤兼人監督、若松孝二監督ら
の作品を担当する傍ら、レイト枠を活用した新人監督作品も積極的に上映。近年では「そこのみにて光輝く」「百円の恋」「恋人たち」を担当。単館系の作品を中心に、映画ファンへ向けた熱のある興行を提供している。

【司会】伊達 浩太朗 (独立映画鍋理事・事務局長/映画プロデューサー )
宮崎大祐監督 次回作『大和(カリフォルニア)』、富田克也監督『サウダーヂ』、太田信吾監督『解放区』など
 料 金 一般 800 円 独立映画鍋会員は無料 ※予約不要
お問い合わせ特定非営利活動法人独立映画鍋 http://eiganabe.net  070-5664-8490(11:00~18:00) info@eiganabe.net